【 iPhoneX 】着信に気づきにくいとき対策

iPhone X が発売されて2週間が過ぎました。
そろそろ新しい操作方法にも慣れてきたと思います。

私の周りで”iPhone X になって着信時のバイブ振動が弱くて気づかない!”という声があがっているので
そんなときに役立つ設定をご紹介いたします。

Apple Watchを使う

着信に気づくという観点ではこれが一番気づきます。

物理的に接しているため、それこそ寝ていても気づきやすいと思います。

冗談はさておき、本題はiPhoneだけで気づきやすくする方法です。

apple watch

着信時のバイブパターンを変更する

着信時のバイブ振動がデフォルト状態だと気づけきにくいので気づきやすい様、振動時間、間隔を変更する。

  1. 設定アイコンをクリック
  2. サウンドと触覚をクリック
  3. サウンドとバイブレーションのパターン、着信音をクリック
  4. バイブレーションをクリック

初期設定だと同期(デフォルト)になっているかと思います。

標準パターンとして

  • S.O.S.
  • アクセント
  • クイック
  • スタッカート
  • ラピッド
  • 警告
  • 交響曲
  • 心臓の鼓動

上記8つが設定できます、これ以外にもカスタムで新規バイブレーションを作成を押してオリジナルのパターンを登録することもできます。

以下より写真付きで紹介いたします。

設定アイコンをクリックします。

設定

サウンドと触覚をクリック

サウンドと触覚
サウンドとバイブレーションのパターン、着信音をクリック

サウンドとバイブレーション

バイブレーションをクリック

着信時の音を変えたい場合はここで着信音を選びます。

バイブレーション

バイブレーションパターンを変更する

標準より選ぶかカスタムでオリジナルパターンを選択できます。

バイブレーションパターン

より長く鳴らしたいならオリジナルでずっと震え続けるパターンを作成するのもアリかと思います。

個人的にはラピッドがオススメです。

せっかく携帯電話を持っていて着信が来ても気づかずに出れないのでは持ち歩く意味がありません。

より気づきやすいバイブレーションパターンで高性能なiPhoneを使いこなしましょう!!

 

お問い合わせ

携帯電話に関するお問い合わせはスマホゴールドまで!

twitterやLINEでもお得な情報を発信しています。

twitter

LINE
LINE 友だち追加